学科紹介・メッセージ

2年制|共学|40名

総合調理専攻科

調理師とお客さま、2方向の視点から徹底的に実践を通して学び、高度な技術とおもてなしの心を備えた料理人&オーナーシェフに

教育目標

高い調理技術とプロ意識を兼ね備えた、
食文化の継承を担う人材に育成します。

[ 学びのポイント ]

  • 1

    上級調理技術だけでなく、最新調理法から高齢者向けの調理法までじっくり学べる。

  • 2

    レストラン実習」と「インターンシップ研修」でチーム力を養い実践力を高める。

  • 3

    プロの現場で必要な知識・技術を学び、メニュー開発から商品化まで行う。

調理師とお客さま 2方向の視点から実践で学ぶ

レシピ考案から食材の発注、調理・サービスまでオペレーションを通して行います。調理師とお客さまの2方向の視点から、調理・提供時間や完成度、サービスを徹底的にチェック・改善。お客さまを常に意識した調理を実践し、高い技術力とおもてなしの心を身につけます。

[ 実習の流れ ]

[ 目的 ]
1.実践力を身につける
2.現場力を鍛える

  • 1レシピ考案

  • 2原価計算

  • 3食材発注

  • 4調理

    ※学生の調理長(責任者)を決め、料理長の指示により仕込みから調理を行います。

  • 5サービス

  • 6反省・改善

[ ランチ例 ]

  • 西洋料理コース(500円)

  • 日本料理(350円)

  • 西洋料理(500円)

[ レストラン実習の様子 ]

[ 実習 ]

  • 西洋料理

    フランス料理をメインにスペイン料理やトルコ料理まで幅広く学びます。西洋料理ならではの食材を使用し、上級技術まで学びます。

  • 日本料理

    懐石料理、旬の食材のお造り、寿司、天ぷら、すっぽん、手打ちうどん・そばなど様々な調理法や素材の特性から上級技術まで学びます。

  • 中国料理

    基本的な器具の使い方や素材の種類と扱い方を学んだ後、中国料理の要である火力の使い方と油の使い方を身につけ、応用まで学びます。

  • カービング

    野菜や果物、氷を立体的に彫って装飾を施す技術を学びます。

その他の実習

  • ・西洋料理上級技術
  • ・日本料理上級技術
  • ・イタリア料理
  • ・ピッツァ
  • ・真空調理
  • ・むき物
  • ・デザート
  • ・製パン
  • ・ドリンク(コーヒー・紅茶)
  • ・総合調理実習
  • ・高度調理実習

[ 学びのステップ ]

  • 11年次:基礎実習

  • 21年次:応用実習

  • 32年次:現場体験
    (インターンシップ研修)

  • 42年次:上級実習

  • 52年次:実践実習
    (レストラン実習)

めざす資格

調理師(国家試験免除)
専門調理師(学科試験免除)
食品技術管理専門士
食育インストラクター
介護食士3級
調理師養成校での助手資格
専門士
食品衛生責任者

主な活躍フィールド

  • ホテル・旅館
    料亭・割烹
    レストラン
    結婚式場
  • レストランウェディング
    病院
    老人保健施設
    幼稚園・保育園
  • 食品メーカー
    調理師養成校
    料理教室

資料請求はこちら