会則

西日本調理製菓専門学校同窓会「あやめ会」会則

第1章 総則

(目的と名称)

第1条
本会は、会員相互の親睦、連携を深め、知識・技術の向上を図ることを目的とする。
名称は「あやめ会」と称する。

(会の設置位置)

第2条
本会は、事務所を母校、西日本調理製菓専門学校内に置く。

(会の事業)

第3条
本会は、その目的達成のために次の事業を行う。
  1. 会員名簿の作成および会報発行。
  2. 講演会、研究会およびその他の集会。
  3. 役員は式典並びに校内開催のイベントに参加し交流を図る。
  4. 企業に関する情報公開・懇親会の機会を作る。

第2章 会則

(会員の種類)

第4条
本会は次の会員をもって組織する。
  1. 正会員は西日本調理製菓専門学校の卒業生。
  2. 特別会員は次の各号の位置に該当する者。
    (1)西日本調理製菓専門学校の現役役員他学校関係者。
    (2)役員会の承認を得た者。

(会員の資格)

第5条
入会は次の通りとする。
  1. 西日本調理製菓専門学校卒業と同時に、会費を支払い入会となる。
    会費は終身会費とする。
  2. 本会の会員が死亡した時は、退会したものとみなす。

第3章 役員

(役員とその任期)

第6条
本会の役員は次の通りとする。

○会長 1名

○副会長 2名

○会計 2名

○事務局(選挙権係)(連絡委員を兼ねる) 5名

○支部長

第7条
役員の任期は2年とし、その年の9月までに改選または委嘱する。ただし、任期が満了して後任者が選出されるまではその職務を行うものとする。

(役員会およびその事業)

第8条
役員会は役員により組織され、本会に関する重要事項を審査する。
第9条
役員は各部において会務を処理する。各部事務分担ならびにその詳細は次の通りとする。
  1. 会長・・・1名
    会長は本会をまとめ、本会を代表する。また、本会の会計事項を監査する。
  2. 副会長・・・1名
    副会長は会長の補佐をして事故のあるときは代理する。
  3. 会計部・・・2名
    (1)会費の徴収、寄付の管理。
    (2)決算報告書の作成。
    (3)その他一般会計に関連する事項。
  4. 事務局・・・5名
    (1)名簿の管理、通信物の管理。
    (2)その他一般会務に関連する事項。
  5. 支部長
    支部長は支部を代表して役員会に参加し、行われる会議内容に関し発言する。
    ただし、疑念がある場合議題の一部を適正裁決する。

(総会)

第10条
総会は次の通り行う。
  1. 総会は、役員の決定により開催し、役員改選および決定事項を報告する。
  2. 総会は正会員の過半数の出席により開催することができる。ただし、委任状も含む。
  3. 総会の会務・会計を報告する。

第4章 会計

(会費および寄付金の納入事項)

第11条

1. 本会の資金は、同窓会会費その他の寄付金をもって充てる。
2. 会費については、別に定める。
(1)会費の納入は銀行振込とする。
(2)講習等で必要な経費が出た場合は、費用の一部を参加者から徴収する。
(3)納入した会費は、いかなる理由があっても返却しないものとする。

(会計年度)

第12条
本会の会計年度は4月1日より、翌年3月末日とする。

(金銭の保管)

第13条
同窓会費は、役員の承認を得た郵便官署に貯金し、会計部が管理保管する。

(経費の支出)

第14条
各部は会長の承認を得たもののみ経費を会計部に請求することができる。

(決算)

第15条
決算は毎年度末に監査を行い、会報等で会員に報告する。

(帳簿および証拠書類の整理、保存)

第16条
各部は物品の購入をした場合、所定の帳簿に記入する。
会計部は金銭および貯金の会計簿を作成、各部から提出された諸帳簿を管理し、常に収入・支出の状況を明確にする。

第5章 規約改正

第17条
本会則は役員会で出席者の3分の2以上の賛成がなければ変更することができない。
第18条
本会則は総会出席者の3分の2以上の同意をもって成立する。

第6章 雑則

第19条
この規約のほか必要な事項は、細則または役員会の議決を経て決定する。

(付則)

本会則は平成18年4月1日から施行する。

平成26年6月30日一部改定。

ページトップへ