学科紹介・メッセージ

在校生メッセージ

  • 広森 さくらさん 理学療法学科
    倉敷鷲羽高校出身

    友人と切磋琢磨しながら頑張っています!

    足の手術の後、リハビリで理学療法士の方にサポートしていただき、この道をめざそうと思いました。3年制のオカヤマイセンは他校よりも1年早く仕事に就くことができるので早く臨床現場で患者さまをサポートし、元気や希望を与えられる理学療法士になりたいです。

  • 安藤 雄生さん 理学療法学科
    玉野光南高校出身

    スポーツ分野で活躍できる理学療法士をめざす

    自分の手で患者さまのけがや病気の回復を支援できる理学療法士に魅力を感じ、めざしました。勉強は大変ですが、どの教科も楽しく積極的に学ぶことができています。将来はスポーツ分野を視野に入れているので、在学中にNSCA-CPTの資格(NSCA認定パーソナルトレーナー)取得もめざしています。

  • 木全 萌さん 作業療法学科
    就実高校出身

    できないことを一つでも減らしてあげたい。

    母から勧められた職業でしたが、調べていくうちに興味が湧いてこの道をめざしました。先生方はとても親身で、私たちが理解しやすいよう一人ひとりに合わせて説明してくださいます。将来は患者さまの想いを汲み取れる作業療法士になりたいです。

  • 滝 壮一郎さん 作業療法学科
    尾道高校出身

    現場で活躍する先生から学べる!

    高校生の時に病院を見学して作業療法士のことを知り、めざすようになりました。他校と違って3年制なのが入学の決め手でした。授業では健康や運動について学びつつ、実際に体を動かすことも多いので楽しく学べます。

  • 高野 智尋さん 医療事務学科
    高梁高校出身

    一人ひとり丁寧に教えてくれる先生方に感謝。

    高校時代入院をしていたことから医療系の仕事に興味があり、医療事務を選びました。授業中はもちろん放課後でも先生には丁寧に教えてもらえます。クラスのみんなが好きなのは一般教養の授業で、普段できないことが体験できるので毎回楽しみにしています。

  • 高井 麻莉菜さん 医療事務学科
    倉敷鷲羽高校出身

    患者さまの不安な気持ちを和らげたい。

    オープンキャンパスに参加して雰囲気がとても良かったので入学しました。実務を学べることや早期出社制度もあり、実践的な経験が多く積めます。将来は思いやりを持って接することができる医療事務員をめざしています。

卒業生メッセージ

  • 岡山大学病院
    総合リハビリテーション部
    大塚 貴久さん
    理学療法学科
    (2008年度 卒業)

    机上では分からない実習が充実!

    高校1年の時に足首をけがしてしまい、部活で悔しい思いをしました。その時ケアしてくださった理学療法士の先生に憧れ、この道を選びました。入学してからはとにかく勉強が大変でした。夏休みもアルバイトをしながら勉強していましたが、同期で社会人入学の友人の真剣さに引っ張られて資格が取得できました。この方との関わりが今でも大切な財産になっています。患者さまと理学療法士の関係だけでなく人としての関わりが持てると、患者さまのケアも上手くいくと考えるようになりました。オカヤマイセンでは、先輩後輩もいい関係なので社会に出て働く人間としてさまざまなことが学べると思います。

  • 亀川病院
    石尾 紗千恵さん
    理学療法学科
    (2014年度 卒業)

    理学療法士になりたい!

    高校1年の冬、バスケの試合中にけがをし、リハビリを経験しました。その時、理学療法士の方に良くしていただき私もこの道に進もうと考えました。入学してみると勉強は予想以上に厳しいものでした。勉強の仕方すら分からなかったのですが、先生方や先輩・同期の仲間に支えてもらいながらどうにか踏ん張れたと思います。とにかく先生方は熱い!です。時間外にも細かく丁寧に教えてくれました。実際の仕事では、多くの壁や悩みが出てきますが、学生時代に勉強したこと、経験したことを活かして頑張っています。不安も多いと思いますが、まずはオープンキャンパスに足を運んでみてください。

  • 岡山済生会総合病院
    リハビリテーションセンター
    石井 彰一さん
    作業療法学科
    (2000年度 卒業)

    人間的に豊かな成長を実感

    作業療法士になったきっかけは祖父が脳卒中で倒れ、手術を経験し、術後の大切な時期を親身になって支えてくれた方々の献身に触れ、私もめざそうと思いました。オカヤマイセンは地元で近く、3年で卒業できることも魅力でした。猛勉強の末、晴れて作業療法士になれたのですが、やりがいを感じながらも日々勉強の毎日です。専門的な知識はもちろん、人と接する大切さを学べる仕事です。患者さまの元気と笑顔からパワーをもらえる仕事でもあります。皆さんもぜひ人々の役に立つ道を選んでください。

  • 老人保健施設
    ゆめの里
    リハビリテーション科
    光畑 青空さん
    作業療法学科
    (2015年度 卒業)

    ずっと、高齢の方を助けられたら・・・

    オープンキャンパスに参加した際どの先生もとてもフレンドリーで、即気に入ったことがきっかけで入学しました。学校生活では学園祭が忘れられません。出店したトン汁屋が準優勝したことが、とても楽しい思い出として残っています。勉強は大変だったけど、実習が多いので、身についた技術は現在の仕事のさまざまな場面で活きていると感じています。私はずっと祖母と一緒に暮らしていますので、少しでも高齢の方の助けになれたらと思っています。勉強が苦手でも、やる気さえあれば必ず夢は叶えられます。頑張ってください。

  • 岡山ハートクリニック
    井上 桂子さん
    医療事務学科
    (2013年度 卒業)

    患者さまと医療スタッフとの橋渡し!

    患者さまと医療スタッフとの橋渡し役を担い、ドクターが医療行為に専念できるよう事務作業を行うメディカルクラークとして働いています。小さい頃に病院で医療事務の人に優しくされたことがきっかけでこの道を選びました。オカヤマイセンを選んだのは、医療に特化した学校で専門家から直接学べることに魅力を感じたからです。接遇の授業では電話対応からメモの取り方まで熱心に指導いただいたことが今も活きています。医療関係に進むなら、ぜひオカヤマイセンでめざしてください。

  • 社会医療法人
    光生病院 歯科
    久米井 梨佐さん
    医療事務学科
    (2012年度 卒業)

    単なる事務職じゃない!

    私は小さい頃から身体が弱かったため、入退院を繰り返していました。そのため、病院の方々と接する機会が多く、皆さんの優しさや思いやりにいつも助けられていました。それがきっかけで私も医療に携わりたいと思うようになり、オカヤマイセンを選びました。授業で陶芸やフラワーアレンジメントを学んだことは印象に残っています。医療事務なのになんで?と思っていましたが、患者さまや院内の癒しに繋がることが今なら分かります。医療事務は単なる事務職ではなく、患者さまの窓口であり、患者さまの気持ちを一番に考える仕事だなと気持ちを新たにしています。