学科紹介・メッセージ

3年制・男女共学・定員40名

作業療法学科

こころと暮らしをサポートできる作業療法士になる

教育目標

作業療法を自ら探求し、実践力を育むことで人々の暮らしに貢献できる人材を育てます。

[ 作業療法士とは? ]

人々の生活に関わる活動を通して、こころと身体のリハビリを行う専門家です。各個人のニーズに合わせた福祉用具や生活環境を整備し、その人らしい暮らしに導きます。患者さまに寄り添い、社会の中で生きがいをもって生活できるように支援します。

[ 授業 ]

  • プレ実習

    評価・臨床実習では、実習先の作業療法士(実習指導者)に指導を受けます。プレ実習では教員が付き添い、実習指導者と共に、学生目線でわかりやすいアドバイスをします。長期の学外実習に向けて、不安や緊張を緩和し、本番で力が発揮できるようにします。

    こんなこと質問していいのかな?
    こんな時どこにいればいいんだろう・・・?

    実習前の不安や疑問も直接指導者に聞けるから安心!

  • 福祉住環境コーディネーター

    就職に有利!

    高齢者や障がい者の方が安心して暮らせる住環境を提案するアドバイザー。在学中は2級取得を目標に、一丸となって学んでいきます。

  • 基礎作業学(陶芸)

    陶芸は土の感触を楽しみ、出来上がりをイメージしながら作品を完成させていきます。高齢者や精神障がい者の身体機能回復に応用できる作業です。

    オープンキャンパスで体験できる!
    →オープンキャンパスの詳細

[ 学びのステップ ]

  • ステップ1
    1年次
    見学実習 1~3日間
    仕事と役割を知る

    臨床現場で作業療法士がどのように働いているかを見学します。将来の自分をイメージしやすくします。

  • ステップ2
    2年次
    評価実習 3週×1期
    評価を実践

    学校で習得した知識に基づき、リハビリの一部である「評価(検査・測定)」を実践します。

  • ステップ3
    3年次
    臨床実習 8週×3期
    リハビリを実践

    評価、目標設定、計画の立案、治療の実施、その記録・報告といった一連の流れを経験しながら学びます。

めざす資格

作業療法士(国家資格)
キネシオテーピングトレーナー(選択制)
(キネシオテーピング協会公認)
福祉住環境コーディネーター
専門士

主な活躍フィールド

  • 総合病院・医院
    身体障がい児(者)福祉施設
    行政機関
    リハビリテーション施設
    知的障がい児(者)福祉施設
  • 医療・福祉関連企業
    介護老人保健施設
    精神障がい者福祉施設
    教育機関 など