学科紹介・メッセージ

在校生メッセージ

  • できなかったことができるようになるから自信につながる

    大景 美穂さん 総合調理専攻科
    井原高校 南校地 出身

    自分で考案したメニューを提供できるレストラン実習や、オープンキッチンに魅力を感じて入学しました。私は左利きなのですが、入学して先生方の協力のもと、猛練習の末右手で包丁を扱えるようになりました。できなかったことができたのは自信になりました。将来は保育園で調理師として働きたいので、常に安心安全な料理がつくれるよう心がけています。

  • つくった料理で食べた人を笑顔にしたい!

    中川 颯大さん 調理師科
    北宇和高校 出身

    昔から料理をすることが好きだったのでこの道を選びました。先生方にはオープンキャンパスの時からずっと優しく、親身に教えていただいています。今も勉強中ですが、今後もっとたくさんの技術を習得し、プロとして活躍できると確信しています。

  • 充実した設備で基礎から学べる!

    小畑 日菜さん パティシエ・ブランジェ科
    岡山南高校 出身

    小さい頃からお菓子づくりが好きでした。少しでも実践に近い環境が良かったので、技術や経営のノウハウなど現場力が身につけられるカフェ経営実習があるニシチョウは、私にぴったりでした。お客さまに喜んでもらえるお菓子がつくれるようにがんばります。

  • たくさんの人に幸せを届けたい!

    福山 久美さん スイーツ科
    倉敷中央高校 出身

    実習や家でお菓子つくるときには、食べる人の笑顔を想像しながら心を込めてつくるようにしています。国内研修ではたくさんの作品を見て、色づかいや表現力を吸収することができました。不安になることもありますが、先生や周りの友人と励ましあってすぐに前向きになれるステキな環境です。

  • つくったものを見て、食べて、楽しんでもらいたい。

    吉永 光成さん Wライセンスコース
    倉敷商業高校 出身

    普段から家族に料理やお菓子をつくっていたので、自然にプロをめざしました。国内研修旅行では課題でさまざまなお店に入り、普段食べないものをたくさん食べ、視野が広がりました。将来は自分のつくった料理でお客さまに楽しんでいただき、「またこの人の料理が食べたい!」と思われるような料理人になりたいです。

卒業生メッセージ

  • ホテルグランヴィア岡山
    カフェレストランオリビエ
    帖地 珠緒さん
    総合調理福祉専攻コース(現 総合調理専攻科)
    2014年度卒(岡山東商業高校 出身)

    お客さまの喜びと、つくる楽しさを感じられる仕事

    ニシチョウでは西洋料理の授業が一番印象に残っていて、授業で習ったことがホテルの仕事でも役に立っています。また技能五輪 日本料理部門に岡山県代表として出場できたことも良い思い出です。現在は厨房だけでなく、お客さまの前で朝食のオムレツをつくっています。最初は緊張しましたが、お客さまから「おいしそう」とか「きれいな料理ね」と言っていただけたり、喜ぶ笑顔が見られたりするので、やりがいを感じています。お客さまの喜びと、つくる楽しさを感じることができる料理人をぜひめざしてみてください。

  • 京懐石
    美濃吉近鉄上本町店
    山本 俊介さん
    調理師科
    2015年度卒
    (瀬戸南高校 出身)

    納得いくまで練習を重ねた学生時代

    高校で野菜や果物づくりを学び、「つくった作物を自分たちで料理したらもっと作物のありがたみに気づけるのではないか?」と考えました。以前から食べるのが好きだったことに加え、オープンキャンパスで料理をつくる楽しさを知り、料理に携わることがしたいと思い、入学しました。ニシチョウはキレイで施設も新しく充実していました。学校生活で印象深いのは、オープンキッチンで納得いくまで練習できたことです。最初はできないことも練習を重ねてできるようになる。そしてまた次に挑戦する。先生方もとても熱心で、自主練習中何度もアドバイスをいただきました。今はいろいろな仕事に携わっていますが、反復練習の大切さを学んだので、自分で考えながらスキルを上げる努力をしています。

  • ラ・セゾン・ド・フランセ
    宮本 瑞穂さん
    スイーツ科
    2014年度卒
    (岡山東商業高校出身)

    ニシチョウで学んだ知識が今に活きる

    小さい頃からお菓子づくりが好きで、早くその仕事に就きたいと思い、1年制のスイーツ科を選びました。1年制というと「詰め込み学習」というイメージですが、実習もあり、先生も相談しやすく楽しい時間を過ごすことができました。今は個人店でケーキづくりだけでなく、さまざまな仕事に幅広く携わらせていただいています。そこで実感するのは、ニシチョウで学んだ知識や技術はものすごく活きている!ということです。1年という短い時でしたが「真剣にやればできる!」と改めて思っています。将来は自分の店を持ちたいという目標に向かってまっしぐらです。学生のみなさんは、不安も期待もあると思いますが、真剣さが一番大切です。頑張りましょう。

  • 岡山済生会病院 栄養科
    濱町 有希さん
    Wライセンスコース
    2014年度卒
    (幡多農業高校 出身)

    調理と製菓の分野で得た知識・経験を活かし多くの方の笑顔のために働く

    私がニシチョウを選んだ1番の理由は、在学中に調理と製菓どちらも学べるからでした。授業や実習だけではなく、実際の現場に行くインターンシップ研修などからたくさんの知識と経験を得ることができます。卒業後は病院の調理師として、少しでも多くの方が笑顔になっていただけるように、職場の人たちと力を合わせて頑張っています。

  • ILBEIGE
    小塚 光莉さん
    Wライセンスコース
    2014年度卒
    (井原高校 北校地 出身)

    実習で得た知識を携え海外へ

    入学の決め手は、オープンキャンパスで実際に料理をつくって楽しかったことです。調理と製菓2つの資格が取れるので、Wライセンスを選びました。ニシチョウでは実習で基礎から徹底的に学びます。中でも小テストや製菓での細かい作業は、楽しく学ぶことができました。海外研修でイタリアとフランスに行き、イタリアの方がおいしかったので、「本場で勝負するぞ!」と単身イタリアに飛び出しました。実習で学んだことを試したかったのです。言葉の壁や生活習慣の違いに戸惑いましたが、とにかく仕事に没頭していました。今後は、日本で修業し好きな料理に携わっていきたいと思います。「料理が好き!」ならニシチョウを選んでください。現場で役立つことを一から教えてくれます。

  • 清風庵
    湯浅 初穂さん
    Wライセンスコース
    2014年度卒
    (備前緑陽高校 出身)

    先生と共にハードルを乗り越え、和菓子の道へ

    料理上手な母に憧れて私も料理の道を選びました。オープンキャンパスでは先生方が気さくで、先輩たちも優しく、楽しそうな学校だなと思い入学しました。学校生活はとにかく先生方が優しく、特に担任の先生は相談がしやすく、本当に親身になって考えてくださったことが印象に残っています。調理実習では思いのほかスピードが速く、ついていくのに必死で悩んだ時期もありましたが、先生方のアドバイスのおかげで乗り越えることができました。本当に感謝しています。ニシチョウで夢をめざす皆さん、頑張れば必ず叶います。素敵な和菓子の世界に入ってみませんか。