学科紹介・メッセージ

在校生メッセージ

  • ときに厳しく、ときに優しく指導してくれるから知識も技術も身につきます

    茅原 優作さん 総合調理専攻科
    倉吉西高校 出身

    ニシチョウに入って感じたことは、先生がとても優しいことです。分からないことはしっかり教えてもらえるし、やる気に応えてアドバイスももらえる、メリハリがあってすごく良い環境です。授業以外にコンクールにも挑戦でき、いつもより厳しい指導を受けることもありますが、先生にやる気をサポートしてもらえてとても自分にプラスになります。様々な場所で経験を積み、将来は地元で自分のお店を出すのが夢です。

  • 挑戦したいことに先生が本気で応えてくれる

    辰吉 諒太さん 調理師科
    倉敷鷲羽高校 出身

    テレビでシェフが食材の状態に合わせてメニューを決める様子を見て、経験豊富な姿や多彩なアイデアに憧れ、料理人をめざしました。ニシチョウでは「本気でやりたい」と思ったことは絶対協力してくれ、しっかり指導してくれる先生と出会うことができました。実習も知らないことだらけで毎回とてもわくわくしながら取り組んでいて、絶対に将来のためになると感じています。

  • 充実した設備で基礎から学べる!

    藤原 妃那さん パティシエ・ブランジェ科
    高松農業高校 出身

    家から通いやすく、設備・行事も充実していたのでニシチョウを選びました。講義を通して基礎的な知識を身につけられるだけでなく、実習では先生方が「実際はこの分量を何倍にもして仕込みます」と現場のことを教えてくれるので、お菓子の世界は甘くないな、と良い意味で考え方が変わりました。学校生活では学園祭に力を入れていて、各科の個性も感じられるのでとても楽しみにしています。

  • たくさんの人との出会いが私を成長させてくれる

    成吉 優衣さん スイーツ科
    笠岡商業高校 出身

    岡山でお菓子の学校に進学したくて、大きい学校といえばニシチョウだったので選びました。入学してからたくさんの人との出会いがあり、新しく友達ができたり、色々な人と実習を進める上でどうやれば効率よく進むかを考えたりと、様々な経験ができます。また基礎ゼミのメンバーとは、一緒にスイーツやドリンクをつくったり、朝食を食べたり、楽しい思い出をつくることができました。

  • つくったものを見て、食べて、楽しんでもらいたい。

    吉永 光成さん Wライセンスコース
    倉敷商業高校 出身

    普段から家族に料理やお菓子をつくっていたので、自然にプロをめざしました。国内研修旅行では課題でさまざまなお店に入り、普段食べないものをたくさん食べ、視野が広がりました。将来は自分のつくった料理でお客さまに楽しんでいただき、「またこの人の料理が食べたい!」と思われるような料理人になりたいです。

  • どんな技術にも基本が大切だと実感しました

    野村 菜々子さん Wライセンスコース
    興陽高校 出身

    入学前は「すごい内容をどんどん習いたい」と考えていましたが、実際に学んでみると「難しい内容の前に基礎をしっかりできるようになることが大事」だと実感しました。1年次の製菓分野を終えて臨んだ卒業記念フェスティバルでは、自分のつくりたいものをつくることができ、大変さの中にもこだわりや世界観を実現する楽しさ・達成感を味わうことができました。調理分野でも色んなことに挑戦して、感性を磨いていきたいです。

卒業生メッセージ

  • ホテルグランヴィア岡山
    カフェレストランオリビエ
    帖地 珠緒さん
    総合調理福祉専攻コース(現 総合調理専攻科)
    2014年度卒(岡山東商業高校 出身)

    お客さまの喜びと、つくる楽しさを感じられる仕事

    ニシチョウでは西洋料理の授業が一番印象に残っていて、授業で習ったことがホテルの仕事でも役に立っています。また技能五輪 日本料理部門に岡山県代表として出場できたことも良い思い出です。現在は厨房だけでなく、お客さまの前で朝食のオムレツをつくっています。最初は緊張しましたが、お客さまから「おいしそう」とか「きれいな料理ね」と言っていただけたり、喜ぶ笑顔が見られたりするので、やりがいを感じています。お客さまの喜びと、つくる楽しさを感じることができる料理人をぜひめざしてみてください。

  • イタリア料理Labocca オーナーシェフ
    長島 弘樹さん
    調理師科
    1996年度卒
    (関西高校 出身)

    海外研修で受けた刺激が人生を変えた

    在学中は、西洋料理の先生にお世話になりました。実習でもらう細かな部分の指導はもちろん、就職の際に「とても街場のレストランに向いているから、早く就職して頑張ったらいい」と、自分のキャラクターや資質まで見てくれて親身なアドバイスをもらったことが今に活きています。イタリア料理をめざすきっかけになったのは、海外研修で本場のおいしいイタリア料理に触れたから。また研修中には現地のレストランで修業している日本人の方と出会えたので、「ああやって頑張っている人がいるんだなあ」と実感することができました。ニシチョウでレシピだけではない“調理の世界”に触れてみることは、皆さんのよい経験になると思います。

  • ラトリエ デュ ニニキネ
    長安 夏海さん
    パティシエ・ブランジェ科
    2014年度卒
    (笠岡商業高校出身)

    努力すればするほど喜んでもらえる仕事

    小さい頃からお菓子づくりが好きでこの職を選びました。ニシチョウに入学を決めたのはオープンキッチンで自分で決めたものを練習できることや、カフェ経営実習があるからです。実際にオープンキッチンのおかげで技術も自主性も向上し、カフェ経営実習では計画性や仲間との信頼関係の大切さを学べました。この仕事のやりがいは、自分の努力がお客さまの笑顔に変換されることだと思います。今の職場でも限界を決めずにより質の良いものをつくりたいです。お菓子づくりが好きな方はぜひニシチョウで夢を現実に変える一歩を踏み出してください。

  • ラトリエ デュ ニニキネ
    原田 莉奈さん
    パティシエ・ブランジェ科
    2014年度卒
    (岡山南高校出身)

    やりがいはお客さまの笑顔

    幼い頃からケーキづくりが好きでこの道を選びました。オープンキャンパスで会った先生や先輩が優しく、設備が整っていたので入学を決めました。学校生活では先生との距離が近く、私がインターンシップ研修先に内定を頂けたのは、先生方が親身になり指導して支えてくださったおかげです。 今の職場では、生ケーキの仕上げや仕込みを担当しています。ショーケースにケーキを並べた時に、お客さまが「美味しそう!綺麗だね!」と喜んでくれたその笑顔を見られることが私の1番のやりがいです。

  • SOL BAKERY オーナーシェフ
    重冨 朋子さん
    スイーツ科
    2015年度卒
    (一般入学)

    子育てと夢を両立したい

    パンが好きで、子育てと両立するため自宅の横でパン屋を開業したいと思い、パン屋で修業した後、開業に向けた資格取得を目的にニシチョウへ入学しました。おかげで衛生面や洋菓子の知識など多くのことを学んだうえでオープンを迎えることができました。学生時代は基礎ゼミの活動を盛んに行っていて、授業後にも様々な技術を教わることができました。先生方はやりたい!という気持ち、学びたい内容にしっかり応えてくれます。この先悩むこともあるかもしれませんが、目標を持って、一分一秒を大事にして努力すれば夢は叶うということを皆さんにお伝えしたいです。

  • ILBEIGE
    小塚 光莉さん
    Wライセンスコース
    2014年度卒
    (井原高校 北校地 出身)

    実習で得た知識を携え海外へ

    入学の決め手は、オープンキャンパスで実際に料理をつくって楽しかったことです。調理と製菓2つの資格が取れるので、Wライセンスを選びました。ニシチョウでは実習で基礎から徹底的に学びます。中でも小テストや製菓での細かい作業は、楽しく学ぶことができました。海外研修でイタリアとフランスに行き、イタリアの方がおいしかったので、「本場で勝負するぞ!」と単身イタリアに飛び出しました。実習で学んだことを試したかったのです。言葉の壁や生活習慣の違いに戸惑いましたが、とにかく仕事に没頭していました。今後は、日本で修業し好きな料理に携わっていきたいと思います。「料理が好き!」ならニシチョウを選んでください。現場で役立つことを一から教えてくれます。

  • 清風庵
    湯浅 初穂さん
    Wライセンスコース
    2014年度卒
    (備前緑陽高校 出身)

    先生と共にハードルを乗り越え、和菓子の道へ

    料理上手な母に憧れて私も料理の道を選びました。オープンキャンパスでは先生方が気さくで、先輩たちも優しく、楽しそうな学校だなと思い入学しました。学校生活はとにかく先生方が優しく、特に担任の先生は相談がしやすく、本当に親身になって考えてくださったことが印象に残っています。調理実習では思いのほかスピードが速く、ついていくのに必死で悩んだ時期もありましたが、先生方のアドバイスのおかげで乗り越えることができました。本当に感謝しています。ニシチョウで夢をめざす皆さん、頑張れば必ず叶います。素敵な和菓子の世界に入ってみませんか。