職業実践専門課程

職業実践専門課程とは?

「職業実践専門課程」
文部科学大臣認定校

全国専門学校の認定率

32.0%

認定校902校(全専門学校数2,817校)
(2017年2月)

本山学園では、全校、対象全学科が、
文部科学大臣認定「職業実践専門課程」に認定されています。

平成25年8月30日文部科学省告示により、「職業実践専門課程」の制度が施行されました。これは業界や企業と連携して授業科目やカリキュラムを編成するとともに、実習やインターンシップなどを積極的に行うことにより最新の実務能力の修得が可能な実践的な教育を行っている専門学校の学科を文部科学省が認定するものです。

認定校・学科

本山学園では、全校、対象全学科が文部科学大臣認定「職業実践専門課程」に認定されました。
今後もさらに実践的な教育をめざし、教育水準の維持向上ならびに企業等との連携体制の強化を図ってまいります。

西日本調理製菓専門学校

総合調理専攻科

パティシエ・ブランジェ科

岡山医療技術専門学校

理学療法学科

作業療法学科

医療事務学科

インターナショナル岡山歯科衛生専門学校

歯科衛生学科

本山学園の取り組み

  • 1. カリキュラムに医療・フード業界の意見を反映しています。
  • 2. 研修の実施による教育力向上を図っています。
  • 3. 企業と密接に連携した実習を行っています。
  • 4. 外部評価を学校運営に反映しています。 ①自己点検・評価 ②学校関係者評価

認定要件

  • 修業年限および授業時数について
    修業年限が2年以上で、全課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上であること。
  • 教育課程について
    企業等と密接かつ組織的な連携体制を確保して、授業科目の開設その他の教育課程の編成を行っていること。
  • 実習・演習等について
    企業等と密接かつ組織的な連携体制を確保して、実習、実技、実験又は演習を行っていること。
  • 教員の資質向上について
    教員に必要な専門分野における実務に関する知識、技術及び技能並びに、指導力の修得・向上を目的として、企業等との連携のもと、研修を組織的に行っていること。
  • 学校関係評価及び情報提供について
    [学校評価]学校の自己評価に加え、企業等が委員として参画する学校関係者評価を実施し、公表していること。
    [情報提供]企業等の学校関係者に対し、連携及び協力の推進に資するため、教育活動その他の学校運営の状況に関する情報を提供していること。